電子書籍の漫画を読むならFireタブレットはやめておいた方がいい3つの理由

電子書籍の漫画を読むならFireタブレットはやめておいた方がいい3つの理由 Q&A

Amazonから販売されている低価格でサイズも豊富なのが魅力のFireタブレット。

Amazonプライム会員の方なら持っていても損はないタブレットですが、正直なところ電子書籍の漫画を読むためにこれを買うのはおすすめしません。

今回はなぜ電子書籍の漫画を読むのにFireタブレットをおすすめしないのか?その理由と漫画を読むのにおすすめのタブレットをご紹介。

快適な漫画環境を作りたいとお考えの方はぜひ一読ください。

スポンサーリンク

電子書籍の漫画を読むのにFireタブレットをおすすめしない3つの理由

細かいことを言えば色々と出てくるんですが、筆者が電子書籍の漫画を読むのにFireタブレットをおすすめしない理由は以下の通りです。

  1. 標準では使えるアプリが少ない
  2. 標準のブラウザがSilk
  3. HD Plus以外の性能は至って普通

1. 標準では使えるアプリが少ない

Amazonが販売するFireタブレットシリーズはAndroidタブレットという分類ではあるものの、「Fire OS」という専用のOSが使用されています。

このFire OSのおかげでGoogle Play Storeからアプリがダウンロードできません

代わりにAmazon独自のストアからアプリをダウンロードすることになるんですが、Kindle以外の電子書籍サービスアプリがほぼ対応していないんです。

■Amazonでのアプリ配信状況(一部)
マンガッピ編集長
マンガッピ編集長

Googleと喧嘩しているのか知りませんが、Youtubeも何故か青色で使い勝手がやや違います。

FireタブレットにGoogle Play Storeを入れるという裏技もあるにはあるんですが、Amazonで正式に認められている方法ではないので、いつ使えなくなるかわからないリスクがあります。

動作保証もされていないのでAmazon以外の電子書籍サービスを使うなら、初めからAndroidタブレットを買うほうがいいです。

2. 標準のブラウザがSilk

出典:Amazon

iOSタブレットではSafari、AndroidタブレットではGoogle Chromeが標準で使えますが、FireタブレットはSlikという独自のブラウザです。

検索やニュースサイトの閲覧くらいはできますが、ブラウザから漫画が見れる電子書籍サービスの大半は動作保証がされていません

アプリと同様にブラウザも裏技を使えば使えるようになりますが、こちらもいつ使えなくなるかわからないリスクが伴います。

3. HD Plus以外の性能は至って普通

Fireタブレットは7インチ、8インチ、10インチと3つのサイズで展開されていますが、HD Plusというモデル以外の性能は至って普通です。

出典:Amazon
シリーズFire 7Fire HD 8Fire HD 8 PlusFire HD 10Fire HD 10 Plus
画面サイズ7インチ8インチ8インチ10.1インチ10.1インチ
解像度1024 x 6001280 x 800 (HD)1280 x 800 (HD)1920 x 1200 (フルHD)1920 x 1200 (フルHD)
RAM1GB2GB3GB3GB4GB
ストレージ容量16/32GB32/64GB32/64GB32/64GB32/64GB
バッテリー最大7時間最大12時間最大12時間最大12時間最大12時間
USBポートUSB 2.0USB-C (2.0)USB-C (2.0)USB-C (2.0)USB-C (2.0)
保証90日間限定保証90日間限定保証90日間限定保証1年間限定保証1年間限定保証
販売価格5,980円〜9,980円〜11,980円〜15,980円〜18,980円〜

Amazonプライムデーやタイムセールなどのキャンペーンを活用すれば更に安くなるので、他のタブレットよりも取り入れやすいのは事実です。

ただ標準ではGoogle Play Storeが使えない、ブラウザもSilkという独自ブラウザのFireタブレットを買うよりも、もう少し費用を出して(またはほぼ同程度)Androidタブレットを買った方が、長い目で見ればコスパが良いと言えます。

電子書籍の漫画を読むのにおすすめのタブレット

イチオシは筆者も愛用している「Blackview Tab6」という、電子書籍を読むのに必要な機能が盛りだくさんのタブレットです。

出典:Amazon
シリーズBlackview Tab6Fire HD 8Fire HD 8 Plus
OSAndroid OSFire OSFire OS
画面サイズ8インチ8インチ8インチ
解像度1280 x 800 (HD)1280 x 800 (HD)1280 x 800 (HD)
RAM3GB2GB3GB
ストレージ容量32GB32/64GB32/64GB
SDカード最大128GBまで最大1TBまで(FAT32形式)最大1TBまで(FAT32形式)
バッテリー最大15時間最大12時間最大12時間
USBポートUSB-C (2.0)USB-C (2.0)USB-C (2.0)
保証1年間の保証期間90日間限定保証90日間限定保証
販売価格14,999円〜9,980円〜11,980円〜

同じ8インチのFire8 HD Plusと比較すると約3,000円の差がありますが、Fireタブレットよりも対応アプリが豊富で、バッテリー容量も大きいです。

AmazonではBlackviewの専売店が販売しており、1,000円OFFクーポンを使うことで14,999円(税込)で購入できます。

また当ブログでは「最高の漫画環境を作ろう!」ということで、電子書籍の漫画を読むのに適したタブレットの選び方やおすすめのモデルを多数ご紹介しておりますので、以下の記事も参考にしてください。

まとめ:電子書籍の漫画を読むなら純正Androidタブレットがおすすめ!

AmazonのタブレットもAndroidという扱いですが、使ってみると全くの別物です。

ただこのFIreタブレットが極端に悪いかといえばそうではなく、Amazonのサービスしか使わない方には逆にめちゃくちゃおすすめです。

「もう色々面倒だし全部Amazonに統一しよう!」と思われた方はFireタブレットを、Amazon以外の電子書籍サービスや漫画以外の用途でも使いたい方はAndroidタブレットを選びましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました