破格過ぎない!?漫画のまとめ買いが安いおすすめの電子書籍サービス5選

破格過ぎない!?漫画のまとめ買いが安いおすすめの電子書籍サービス5選 特集

電子書籍の漫画をまとめ買いしたい。でも、どこが1番安く買えるの?

安く売ってそうなところはあるけど、買った後に後悔しないだろうか?

紙版の漫画をまとめ買いするよりも、何となく抵抗を感じてしまう電子書籍の漫画まとめ買い。

今回はそんな悩みを払拭して安く・安全に漫画のまとめ買いができる電子書籍サービス5つをご紹介。

まとめ買いに適した電子書籍サービスの選び方やまとめ買いに関するメリット・デメリットについても解説していますのでぜひ参考にしてください。

マンガッピ編集長
マンガッピ編集長

真っ先におすすめの電子書籍サービスが知りたい方は「まとめ買いしたくなる電子書籍サービス5選」へ

まとめ買いで安くなる電子書籍サービスの選び方

電子書籍の漫画をまとめ買いする場合には以下、3つのポイントを押さえておきたいところ。

知っておくだけでも今後の電子書籍サービス選びの目安になります。

1. 初回クーポンがお得か?

電子書籍サービスによっては初回購入や登録、ログイン限定で大幅な割引クーポンがもらえます。

対象となる作品の範囲や割引額、冊数が異なりますので、複数冊が割引となるクーポンを配布している電子書籍サービスを選ぶようにしましょう。

2. 還元制度があるか?

電子書籍サービスによっては初回クーポンとは別で専用通貨やポイントの購入時に、購入した分の何割か還元される制度があります。

そのため単純に還元率の高い電子書籍サービスを使えばお得に購入できます。

初回クーポンと併用して使えるサービスを選ぶのがおすすめです。

3. 初回購入後もクーポンやセールがあるか?

初回クーポンを使用した時だけ安くても後から通常価格が続いたり、高くなっては結果的に損をします。

継続して電子書籍サービスを使う場合を考え、定期的にクーポン配布やセールが行われる電子書籍サービスを選びたいところです。

割り切って完結作品1つだけをまとめ買いしたい方はあまり気にしなくてOKです。

電子書籍の漫画をまとめ買いすることのメリット・デメリット

電子書籍版の漫画は紙版とは良い意味でも悪い意味でも別物です。

念の為、まとめ買いをする前にはメリットとデメリットを把握しておきましょう。

まとめ買いのメリット3つ

電子書籍版の漫画をまとめ買いすることで得られるメリットは大きく分けて以下の3つ。

1. 紙版に比べて大幅に安く購入できる

まず電子書籍版の漫画は大半が紙版よりも定価が安いです。

それに加えて電子書籍サービスが提供する割引クーポンやポイントが多くもらえる月額プランへ加入すれば更に安く購入が可能です。

できるだけ費用をかけたくない場合は、紙版よりも電子書籍版の漫画をまとめ買いする方が圧倒的に安くなります。

2. 漫画データをダウンロードすればオフラインで読める

一部できない電子書籍サービスがありますが、購入した漫画のデータをアプリへダウンロードしておけばオフラインで読めます。

格安SIMや容量の少ないキャリアをお使いの方は、この機能を活用することで外出時の通信量を抑えられるという嬉しいメリットもありますよ。

マンガッピ編集長
マンガッピ編集長

以下でご紹介する電子書籍サービスは、全て専用アプリ内に漫画データをダウンロードできます。

3. 収納場所に困らない

電子書籍なので漫画を収納するスペースや棚を必要としません。

更に電子書籍の漫画ならまとめ買いした作品をまるごと持ち運びできますので、本棚ごと持ち歩いてるのと同じことができます。(冗談抜きで)

まとめ買いのデメリット2つ

電子書籍版の漫画をまとめ買いすることで生じるデメリットは大きく分けて以下の2つ。

1. ストレージ容量を大幅に消費する

漫画がどんどん増えていくと端末へデータをダウンロードするデータ量もかなりの大きさになってきます。

特にiPhoneやiPadなどSDカードを標準で使えない端末をお使いの方は注意が必要です。

AndroidタブレットであればSDカードを本体のストレージとして使用できる機能があるので、ストレージ容量を気にすること無く楽しめます。

2. データ紛失のリスクが0ではない

規模の小さな電子書籍サービスだとサービス自体が終了してしまうと購入履歴が消去されます。

ここ最近の話で言うと、モンスターストライクなど人気アプリを排出する株式会社ミクシィの提供する漫画読み放題サービスMiccomiは2022年3月末でサービスを終了すると発表しています。

まだ読み放題サービスなのでデータ紛失のリスクはないですが、大量に買った漫画が全て無くなってしまうとなるとキツイですよね。

そのため運営会社の規模はもちろん、運営歴が長い電子書籍サービスを選ぶようにしましょう。

リスクは0になるわけではありませんが、抑えることは可能です。

漫画をまとめ買いしたくなる電子書籍サービス5選

データ紛失等のリスクを抑えながらも安く漫画をまとめ買いできる電子書籍サービスを、おすすめ順に5つご紹介します。

以下でご紹介する内容は2022年3月時点のものです。

会員登録特典のポイント、半額クーポンなどは予告なく変更・終了する場合がございますのでご了承ください。

最新の状況につきましては各電子書籍サービスの公式サイトをご覧ください。

1. Amebaマンガ

出典:Amebaマンガ

Amebaマンガは「アメーバブログ」やインターネットTV「AbemaTV」が人気の株式会社サイバーエージェントが提供する電子書籍サービス。

漫画の取り扱いが豊富で、初めて利用される方限定で100冊まで40%OFFクーポンがもらえます。

まとめ買いしてくれ、と言わんばかりのクーポンなんですが、購入分の最大50%還元がある月額プランに加入すれば更に安く購入することが可能。

筆者も愛用する電子書籍サービスの1つです。

2. BOOK☆WALKER

出典:BOOK☆WALKER

BOOK☆WALKERはKADOKAWA直営の電子書籍サービス。

漫画の他にも実用書や文芸書等を買い切り購入できる他、月額836円(税込)で「マンガ・雑誌読み放題」または「文庫・ラノベ読み放題」が利用できます。

そんなBOOK☆WALKERでは初回の購入分に限り50%分が翌月末まで使える期間限定のポイントとして還元されます。

しかも金額上限無しなので、たんまり漫画を買いたい方にピッタリのサービスです。

3. ebookjapan

出典:ebookjapan

ebookjapanはヤフー株式会社と株式会社イーブックイニシアティブジャパンが共同運営する電子書籍サービス。

漫画の買い切りの他、チケットを使って無料レンタル読みができます。

買った漫画を背表紙面で並べられる本棚機能が秀逸で、使えば使う程愛着が湧いてきます。

そんなebookjapanでは初回ログインで6回購入まで半額クーポンがもらえます。

1回あたりの購入につき最大500円まで割引なので、最大3,000円割引が可能。

有効期限が60日間あるのでとても使いやすく、まだ出たての漫画作品や巻数の少ない完結作品を買うのにピッタリです。

4. DMMブックス

出典:DMMブックス

DMMブックスは動画配信など様々なコンテンツ提供を手掛ける合同会社DMM.comが運営する電子書籍サービス。

不定期ではあるのものの、活発にセールを行っていることでも人気のサービスです。

DMMブックスでは初回購入限定で70%OFFクーポンが使えます。

値引上限は3,000円なので、ebookjapanと同じくまだ出たての漫画作品や巻数の少ない完結作品を買うのにピッタリです。

5. honto

出典:honto

hontoは丸善・ジュンク堂・文教堂といった大型書店と連携している電子書籍サービス。

非常に幅広い書籍の取り扱いがあり、ユーザーの気分や関心に合わせておすすめの本を提案してくれるブックツリーが人気です。

hontoでは会員登録で50%OFFクーポンがもらえます。

値引上限が5,000円なので、1冊あたりの単価が高い漫画作品に使いたいところ。

まとめ:複数に分けて使うのもあり

若干面倒ではありますが、筆者の場合は上記の電子書籍サービスを使い分けて漫画を購入しています。

初回限定のクーポンを惜しみなく使うことができますし、継続利用した場合でも単純に5社それぞれのクーポンが使えるからです。

リスクヘッジといえば聞こえはいいですが、万が一どれかのサービスが閉鎖してしまっても紛失は一部のみです。

電子書籍サービスによって特徴がやや違いますので、ぜひ自分なりの漫画環境を作り上げてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました